全国若者の交流フェスティバル・初日

3月3日(土)、4日(日)は二日間にわたって京都にて、ひきこもり経験者が中心となって主催するフェスティバルが開かれました。
神戸のスタッフは午後12時半頃に一日目の会場となる「大谷婦人会館」へ到着、軽く昼食を済ませてから受付などを手伝いました。

大谷婦人会館
100名近い参加者が集まり司会のUさんの挨拶の後、実行委員長のMさんの開会のスピーチ、各コーディネーターの方々の挨拶がありフェスティバルが始まりました。
その後、大広間に場所を移しての親睦ワークショップが行われ、それぞれ関心のあるジャンルのグループに分かれて親睦を深めました。
途中休憩をはさんでの親睦ワークショップ後半では前半に参加したのとは違うグループを覗いてみる人達もいて、ISIS神戸のKさん・Tさん主催の『出張マ ドンナの会』は参加者がどんどん増えて最も人気のあるグループになっていました。

親睦ワークショップ終了後、京都の家族会PASSOのみなさんによる豪華炊き出しをバイキング形式でいただきました。
夕食後は大広間にてバンドセッションの交流あり、夜の京都観光あり、少し早めに休息する人ありとそれぞれ自由に時間を過ごし、午後9時に一旦一日目のイベ ントは終了、しかし宿泊者の中にはその後さらに盛り上がって午前3時過ぎまで宴会をしていたグループもありました。

この記事をシェアする